低用量ピルを飲むと確実に避妊できる?生理の量が減ったり生理痛もラクになったりする?などなどの様々な疑問や、低用量ピルについていろいろご説明していきたいと思います。

低用量ピルのヤスミンとトリキュラー

精液を子宮に入れない働きの低用量ピルと個人輸入

異性との交際をしている女性に取って、そこに性交渉をも含めた関係を築いているならば、当然のこととして、妊娠の可能性は意識すべきでしょう。健康な肉体を持つ男女が、そして生理習慣のある女性が、避妊なしにセックスを行えば、妊娠してしまう可能性はゼロではありません。子供が欲しいと考えているのであれば別ですが、今は母親になる覚悟はない、子供を産める状況ではない、と判断したのであれば、確実に避妊対策を取ることは必須で、避妊を男性任せにすべきではありません。コンドームは立派な避妊具だという意見もありますが、これは正しく装着できていればの話で、万が一破損ということがあれば、子宮内に精液が浸入してしまい、微量であっても妊娠する可能性はあります。男性の中には、射精時にのみ装着すれば良いといった考えや、膣外射精で避妊できているという馬鹿げた考えを持つ輩もいますが、これらは医学的に見て全く意味がありません。このような間違った考えのもとでセックスを行うのは、女性に取っては自らの身体を危険にさらすだけに過ぎないので、低用量ピルを服用し、妊娠しない身体に管理しておくことが最適です。低用量ピルを服用すると、膣内で射精をしても、精液中の精子が子宮内にたどり着かなくなります。幾段階もの防御作用が働くので、妊娠を高い確率で回避させることが可能です。低用量ピルは海外の製薬会社が販売している医薬品なので、ネット通販で個人輸入すれば、クリニックで処方されるよりもはるかに安く手に入れることが出来ます。海外の医薬品を代行で個人輸入してくれる業者があるので、そういったところを介せば、通常の買い物と同じように買えます。数シートまとめて買えば、かなりコストカットできるので毎月の負担も減らせます。

上へ戻る