低用量ピルを飲むと確実に避妊できる?生理の量が減ったり生理痛もラクになったりする?などなどの様々な疑問や、低用量ピルについていろいろご説明していきたいと思います。

低用量ピルのヤスミンとトリキュラー

ホルモン量の少ない安全な低用量ピルは海外の医薬品

ピルは言わずと知れた、女性が服用する避妊薬で、飲み忘れさえなければ、ほぼ百パーセントに近い確率で避妊が成功するといわれており、男性に頼らずとも女性一人だけで避妊ができるという点でも、とても有益なお薬です。しかしどうしても、ホルモンという成分を含む薬なので、副作用の危険性が常に付きまとい、実際に身体に不具合を生じてしまうことで、服用を断念していた女性も少なくありませんでした。ピルは長年にわたって研究開発が繰り返されるという歴史を経て、ようやく低用量ピルが誕生し、少ないホルモン量でも、高い避妊成功率を出せるようになり、今日に至っています。今、我が国においても、諸外国に遅ればせながらようやく低用量ピルが解禁となり、服用し始めている女性も増えていますが、クリニックで処方されているピルは海外の医薬品で、保険が効かない自由診療扱いになるので、お薬代は病院によってまちまちです。処方に当たっての検査や飲み方の指導など、病院によって違いがあるので、できるだけコストを安く抑えたいのであれば、事前にどのような費用が必要なのかを調べておくと良いでしょう。まとめて数か月分処方してくれるクリニックもあるので、長く飲み続けるものだということを念頭に置いて、クリニック選びをすると良いでしょう。ピルは海外の製薬会社が販売している医薬品なので、個人的に輸入すれば、クリニックで処方してもらうコストよりも、大幅に安く手に入れることが出来ますが、この際には、正規の薬を正規ルートで輸入している代行業者を介して買うように気を付けましょう。中には粗悪な薬や偽薬を売りつける悪質業者もあるので、信頼できる業者を利用するということが大切です。

上へ戻る